コロコロアニキ2018秋号レビュー。次号(冬号)にはビックリマンアニキ特製公式シールが付属する模様。

ようやく購入しましたー。2018秋号。


個人的に面白かった記事を紹介していきます。

高橋名人がNSX(ラジコン)を買ったスクープが!なんて笑顔で遊ぶんだw。


防水・防塵のバクソーハー、めちゃ楽しそうなんだよなぁ。

その他、マンガピックアップ。


だがしかしとのコラボマンガ。ページ数少ないですが、コトヤマ先生はレッツ&ゴー !!世代ということで、登場するミニ四駆もブロッケンとか。作品はまんま”だがしかし”でしたw。


こちらは、井上和郎先生の198Xメモリーズ。内容的には、80年代はかなり古いけど、友達のお兄ちゃんとかがこんな感じだったわー。懐い。


この、最後のコラムが面白いんですよね〜。オフィシャルじゃない謎のファミカセありましたね〜。麻雀とか花札のを、いくつか持っているので今度攻略してみるか。


のむらしんぼ先生のコロコロ創刊伝説。ビックリマンブーム編。
このシールを持つ手の感じとか、まわりのシールの感じがなんかグッとくるのはぼくだけじゃないはず。

ロッテの反後博士や、コロコロ編集者のストーリーを中心に、竹村よしひこ先生のマンガ版「ビックリマン」とか、なかのともひこ先生の「少年ビックリマンクラブ」も少し載ってて、懐かしい。


当時の「ビックリマン憲章」も。大人になっても、結構ビックリマン買っちゃってるからなぁ。当時はそんなことは全然想像もしてなかったのに。

次号(コロコロアニキ2018冬号)には、付録にビックリマンシールあり。

次号告知から、12月15日前後に発売される冬号には、「ビックリマン公式アニキ特別シール」が付録でつくとのこと。ビックリマンコレクターは購入必須ですね。

コロコロアニキ、レツゴーや、四駆郎をはじめ当時の作品のリメイクもありますが、どちらかというと当時の体験話をマンガにした実録系もあり、これらが意外と面白いです。気になる人は読んで見てください。