SWITCH11月号は「手塚治虫生誕90周年記念特集」!「新宝島」、「アトムの最後」が掲載。10/20発売。

今週、10月20日に発売される雑誌・SWITCHが手塚治虫90周年特集号!

SWITCH Vol.36 No.11 特集 手塚治虫「冒険王」

【予定コンテンツ】
・「アトムの最後」一挙掲載
・対談 黒田征太郎 × 手塚眞
・谷川俊太郎 詩「鉄腕アトム」 絵・下田昌克
・黒田征太郎修正版「新宝島」
・「新宝島」掲載
・「新宝島」解説(手塚眞インタビュー / 松谷孝征(手塚プロダクション代表)インタビュー)
・手塚治虫の本棚

(Amazon.co.jpより抜粋)

なんとあの、鉄腕アトムの後日談「アトムの最後」や、1947年に発表された名作「新宝島」が収録されているとのこと。


(画像はSWITCHのオフィシャルHPから)

大全集などでも、なかなか読むことのできない作品がピックアップされていて、かなり読んでみたい特集です。

「アトムの最後」は賛否両論あるようで一度は読んでみたい。

鉄腕アトムの後日談的内容の作品であり、題名の通り「アトムの最後」をテーマとしている。作品内容も1976年(昭和51年)の朝日ソノラマの単行本において、作者自ら「陰惨でいやな気分になる」[1]と記述したように殺伐とした悲劇として描かれ[2]あまりにも救いのない内容に賛否分かれるが、一部では高い評価を得た作品である。

(wikipediaより抜粋)

うーん、気になります…!

 


SWITCHのHP(スイッチWEB)から購入すると、表紙のA”ポスターがもらえるということで、ポスターが欲しい人はスイッチWEBからがおすすめです。

手塚治虫先生のキャラクターは、今でも色褪せず、キャラクターグッズも人気ですからね。

気になる人は今週末発売のSWITCHをチェックしておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました