【攻殻機動隊 SAC_2045】より、少佐こと「草薙素子」が「タチコマ」と共に1/4スケールで立体化!

グッズ・トイ・フィギュア

スタチューメーカー株式会社プライム1スタジオが「攻殻機動隊 SAC_2045」より
「アルティメットプレミアムマスターライン 草薙素子&タチコマ ボーナス版」の予約受付を開始!
商品の発売は2023年2月~5月ごろ。

戦略・戦術ともに優れた、完全義体のサイボーグ・草薙素子。高度なAIで自立行動する、多脚思考戦車・タチコマ。全世界に配信されたフル3DCG作品『攻殻機動隊 SAC_2045』より、公安9課のふたりがプライム1スタジオ初登場です!

本スタチューは、イリヤ・クブシノブ氏によるSAC_2045のメインビジュアルをモチーフにしたもの。2Dと3Dが高いレベルで融合したイラストレーションを、プライム1スタジオの技術・感性により立体化しました。機微を映す表情と髪型、素材感を感じられるジャケットとインナースーツ、電脳化を象徴するうなじの有線接続用ジャック。“少佐”と呼ばれ、9課のメンバーに慕われる素子のすべてが表現されています。

一方のタチコマも献身的なサポート役として、コメディリリーフとしてSACシリーズに欠かせないメンバーのひとり。今回の立体化でも戦術兵器としての重厚な塗装とサイボーグ用に小型化されたフォルム、そしてマニュピレータの可愛い仕草を忠実に再現しました。バディとも親子ともいえる、少佐との組み合わせをお楽しみください。

またディスプレイの幅を広げる両者の差し替えパーツも付属。素子には自動式拳銃を握った左腕パーツ、タチコマにはチェーンガンを構えたマニュピレータを用意しています。さらに本ボーナス版には、素子の簡易ダイブギアを装着した頭部も。任務遂行中の緊張感を演出することが可能です。

特製ベースは電脳世界のエフェクトが飛び交う市街戦をイメージ。側面にあしらわれた9課のマークとSAC_2045も気分を盛り上げます。

究極の造形と塗装を得た課員2名、ぜひあなたのそばへダイブさせてください!

商品概要
  • 草薙素子: 頭部パーツ×2(素顔、簡易ダイブギア)
     左腕パーツ×2(素手、自動式拳銃)
    ホルスターパーツ×2
  • タチコマ:
    マニュピレータ×2(上向き、正面)
    特製ベース付属

商品名   :アルティメットプレミアムマスターライン 攻殻機動隊SAC_2045 草薙素子&タチコマ ボーナス版
商品価格  :¥193,490(税込)
発売時期  :2023年2月~2023年5月頃を予定
シリーズ名 :アルティメットプレミアムマスターライン
サイズ/重量:全高:50cm 全幅:47cm 奥行:53cm(1/4スケール) 重量:16.6kg
素材    :ポリストーン(一部に別素材使用)
製品ページ   :https://statue.prime1studio.co.jp/gits-motoko-kusanagi-and-tachikoma-upmgits-01s.html
©士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会




スポンサーリンク
シェアする
うにゃぎをフォローする
この記事を書いた人
うにゃぎ

昭和生まれ、子供の頃将来の夢はセーラームーンになる事でした。
平成のアニメ黄金時代に心を引きずり思いを馳せる残念なモンスター。
魔法少女にはいつなれるの(゜-゜)?

うにゃぎをフォローする
NerdBRAIN-ナードブレイン-