レトロ&ホビー情報 -ナードブレイン-

『日本の「ゲームセンター」史 娯楽施設としての変遷と社会的位置づけ』が3月3日に発売。

予約情報

書籍『日本の「ゲームセンター」史』が2022年3月3日に発売。

日本で普及した娯楽施設、ゲームセンターの歴史を店舗の形態により4種に分類し、当時の文献、新聞・業界誌の記事やフィールドワークをもとに各々の盛衰と現状を分析する。

■目次
はじめに
序章
第1章 ゲームセンターを対象にした先行研究、およびこれまで記述されてきた日本ゲームセンター史の整理
第2章 日米ゲームセンター史の比較分析 ─場所・空間の定着過程に着目して─
第3章 日本のゲームセンター史が持つ特殊性の分析
第4章 ゲームセンターにおける店舗形態の特徴 ─先行研究における議論の整理を中心に─
第5章 ゲームセンターが社会に根付く過程のケーススタディ1 大人向けゲームコーナー ─都市型娯楽の新しい形としての「ゲーム機が導入された喫茶店」─
第6章 ゲームセンターが社会に根付く過程のケーススタディ2 子供向けゲームコーナー ─駄菓子屋や玩具屋に広がったゲームプレイの形─
第7章 娯楽施設としてのゲームセンターの変遷 ─店舗形態に影響を与えた要素を中心に─
終章
あとがき
参考文献
索引

当時の文献、新聞・業界誌の記事やフィールドワークをもとに、立命館大学ゲーム研究センター客員協力研究員の川﨑寧生氏の著書で日本のゲームセンターが社会に根付いた過程を調査・分析した学術研究書になっているとのこと。価格は5,060円(税込)

▼商品ページ

source:ギルダン「拙著『日本の「ゲームセンター」史 娯楽施設としての変遷と社会的位置づけ』が今年3月に福村出版様より発売予定です。 日本のゲームセンターが社会に根付いた過程を調査・分析した学術研究書となっています。 もしよければお手に取ってもらえるとありがたいです。 / Twitter