bizSPA!フレッシュの記事「仮面ライダーからポケモンまで。買取額100万超のレアホビーの見分けかた 」にビックリマンシールなど昭和や平成のレアホビー考察あり。

ちょっと面白い記事が発信されていたのでご紹介。

詳しくは、上のツイッターのリンクからbizSPA!フレッシュのページで読んで欲しいのですが、短めの記事ですがなかなか面白いです。

ホビー買い取り販売の「買取コレクター」の代表の方のインタビューが紹介されているのですが、「可処分所得の高い20代から30代後半の独身男性が集めていたものがプレミア化して金額のピークになる」と言うところは大変興味深い。

そのため、もうビックリマンシールのプレミア化はもうピークを過ぎ(それでもまだまだ高値がつくとのことですが…)、今からはその次のブーム「ポケモン」「遊戯王」など30台前半の男性が子供の頃ブームだったものがプレミア化がきているそうな。ふむふむ…。

その他にも、海外コレクターの事情なども少し。

Yahoo!ニュースにも同様の記事が掲載されていますが、bizSPA!フレッシュの方が画像も多く読むならそちらがおすすめです。

お金や金額が全てではないですが、今週ヤフオク!に出品されていたスーパーオリオンはとんでもない白熱した競り合いが行われていて、思わずウォッチしちゃいました…!

(画像はヤフオク!から)

こういった盛り上がりがあるところもある意味、レアホビーの魅力の一つなのかもですね。うーんすごすぎ。