長野県佐久市で行われたアニメソング野外フェス「アニエラフェスタ2018」レポ。

アニエラフェスタ2018。長野県の佐久市にある駒場公園というかなりレアな場所だったんですが、無料エリアでのイベントなどもあり楽しかったのでレポートを。

アニエラフェスタ 2018 | アニソン野外フェス

基本的にインドアなオタクにアウトドアはキツイ…w。頑張って行ってきました。

アーティストのラインナップ(有料ステージ)が結構うならせてくれる。タイムテーブルの一番左ね。

(画像は公式ホームページから)

アニメファンにとっては、このあたりのアーティストがグッとくるかと。タイムリーなシュタゲソング最高かよ。あと、アクエリオンのAKINO with bless4とかとか。

有料ステージは外から見えないのでステージは楽しめませんが、MCや音は無料のエリアでも聞こえるので、結構雰囲気で楽しめます。

有料ステージとは別に、無料のオープンステージもあって、アーティストのステージやDJがアニソンを回していたりと盛り上がってました。

エンディング(夕方)に、のんのんびよりのエンディング曲「おかえり」が田んぼ風景の会場に流れるという…(公園の周りは田んぼ)、かなり感動的なひとときもあり。まぁ、あの舞台は秩父だけど。

メインビジュアルを担当した、焦茶氏のライブペインティングのイラストがキャンドルと共に飾られてました。これだけ大きい二次元の女の子のアナログ絵はなかなかの迫力。

また、マフィア梶田氏のトークイベントもあったんですが、

まぁ、いとかなのライブ聞いちゃうよねw

このほかコスプレもあり、結構レイヤーさんも多く来てました。

ぼくは夕方ごろにかけて、立ち寄ったので、全部見れてないですが、出演アーティストのラインナップがハマる人なら有料でも1日楽しそうなフェスですね。

ただ、即売会のエリアもあったんだけどブースが少なくて、盛り上がっていなかったのがちょっと勿体無い。あとゲームが対戦できるブースもあったんだけど写真撮り忘れ。音楽フェスなのでライブ中心のイベントでした。

去年は白馬だったようで、毎年会場は変わるっぽいです。今年で2回めということで年々改良されて行きそうな雰囲気もあり。来年もぜひチェックしてみたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました