大河原邦男、秋本治、天野喜孝、高田明美らのラフ絵の展示会「ラフ∞絵」が開催決定。2019年4月2日〜16日。

「ガンダム」や「ボトムズ」などのメカニックデザイナーと知られている大河原邦夫氏、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の作者秋本治氏、「ファイナルファンタジー」シリーズのイメージをはじめとしたイラストレーターの天野喜孝氏、「魔法の天使 クリィミーマミ」や「機動警察パトレイバー」のキャラクターデザインを務めた高田明美氏というそうそうたるメンバーが、マンガのネーム、アニメの絵コンテなど、作品になる前のラフとその完成原画を展示する展示会「ラフ∞絵」の開催が決定。2019年4月2日〜16日まで、東京・3331 Arts Chiyodaにて開催されます。

(画像はTwitterから)

期間:2019年4月2日(火)~4月16日(火)
時間:11:00~20:00(入館最終案内19:30)
場所:3331 Arts Chiyoda
料金:一般2000円、小・中学生無料

ナタリーの記事によると、この昭和を代表するクリエイター4人は、1970年代初頭4人ともタツノコプロで仕事をしていた関係があり、40年以上ぶりに一堂に相会したとのこと。

ガンダム、こち亀、ファイナルファンタジー、パトレイバーと全部大好きなのでこれは気になります…!ラフ絵と完成原画とのことなので、各クリエイターのイメジネーションが感じられる展示となりそうですね。

会場となる東京・3331 Arts Chiyodaは、秋葉のど真ん中にあり、廃校した中学校のギャラリーで、以前、「大友克洋 GENGA展」で訪れたことがありますが、とてもアクセスが良い場所にあるので、秋葉散策もできて楽しそうです。

「ラフ∞絵」の公式ページはまだないようですが、東京・3331 Arts Chiyodaをチェックしておきます。

source:展覧会「ラフ∞絵」が神田で – 秋本治、天野喜孝、大河原邦男、高田明美の4人のラフ絵と完成原画を展示 – ファッションプレス
秋本治、天野喜孝、大河原邦男、高田明美の作品生まれる瞬間に迫る展覧会「ラフ∞絵」(コメントあり) – コミックナタリー