有村昆プロディース「ビックリマン人狼 カードゲーム」開封レビュー。ビックリマン人気キャラの人狼ゲーム用描き下ろしイラストが楽しめるぞ!

以前、紹介した『有村昆プロディース「ビックリマン人狼 カードゲーム」(人狼VS市民カード入り)』が、10月1日に発売。ようやくゲットしたので、開封レビュー!

カードは中で2つにまとめられています。カードの他には、進行表と説明書。それと写真には写っていませんが、以前紹介したプレゼントキャンペーンの応募ハガキが入っています。

ストーリーの解説も。

読むとワクワクしてくる不思議。

キャラクターカードの全容はこちら!

裏ビックリマンでスペシャルカードとなっていた ブラックゼウス、スーパーゼウス、ヤマト王子、スーパーデビルの他、初見のイラストいくつかあり、かなり魅力的なイラストがラインナップされていました。

カードゲームなので、それぞれ封入されている枚数が異なります。市民-ヤマト王子は9枚もあります。

各カードサイズは約62mm×62mm。裏面は共通デザインのロゴマークとなっています。また、キャラクターカードの他に、役職ガイドカード4枚(2種x2枚)も入っています。

ビックリマン人狼果たしてどうなんだろうなぁ…、と思ってましたが個人的には結構魅力的な描き下ろしイラストとなっていました。カードも正方形でシールっぽい雰囲気を醸し出しているのも良い感じです。そんなに悪くないかも。

説明書によると、人狼カードゲーム三人くらいから遊べるようなので、機会があれば遊んでみたいと思うほど。(周りには人狼ゲームをする人がいない…)

できればビックリマン人生ゲームなどのように、限定シールを抽選じゃなくて封入してくれたら嬉しかったのになぁ、、。そして、カードのサイズがせめて52mmくらいならシールと一緒にコレクションできたのに…、でも、そのうちシール化しそうな気もしますが…。

非売品シールが当たる「ビックリマン人狼発売記念キャンペーン」の応募締め切りは、2019年12月16日までなので、気になる人はぜひ早めにゲットを!

タイトルとURLをコピーしました