図録画集「神羅万象界顧録」開封レビュー。15年の集大成的資料集はファン必携の一冊でした。

カード

以前紹介した、「神羅万象界顧録」が先日到着!開封レビューを残しておきます。

いつものプレバン輸送用ダンボール!

画集本体と、付録のカード&台紙。サイズはだいたいA4サイズ。

スリープケースは、こちら。

(写真取り忘れ…画像はオフィシャルから引用)

画集本体の表紙(左)裏表紙(右)。

ハードカバーに描き下ろしのマテリオン&オーロラ箔が使用されており、かなり豪華仕様…!さすが限定盤。

限定カード。台紙には歴代シリーズのパッケージ画像が一堂に印刷されています。

特製カードは「メリル&ムジナ&ノイン」。これが本当に最後の一枚…のはず。
台紙にくっついているため、剥がし難い…。裏面は写真に納められず…。このカード&台紙、袋などなしで直接書籍とスリーブの間に入っているので最初からピロー袋の角が折れてました…。PP袋に入れておいてほしかった…。お気をつけください。

図録の方の内容ですが、イラストが多数収録。サイズがA4となり、カードに比べ大迫力で楽しめます。調べてみると、過去にシールダスが発売されていたみたいですが、このままの大きなジャンボカードダスも欲しくなるぅ。

カードリスト。第一弾第一章〜最終弾回顧録。さらに、限定カード等まで網羅。すごい量。ぼくみたいに点々とカードを集めていた人には、このコンプリートリストは重宝するでしょう。

メイキングでは、企画からカードやお菓子の作成工程まで解説されてます。

さらにグッズ一覧。そして神羅万象補完計画として、ファンアートが掲載。ファンアートとても楽しめそうです。また、開発陣のインタビューなどもあります。

ということで、ざっと紹介してきましたが、15年分の情報が300ページに満載といった感じ。購入時、書籍としては価格が高いなぁと思ったんだけど、内容もちゃんとしているしで実際手にすると満足感がすごい…。ファンならグッとこみ上げるものがあること請け合い一冊となってます。

告知時には資料本としても紹介されていましたが、写真やイラストが多く、個人的に読み進めやすい印象で嬉しい限り。しかし重い!そして、高価なので読むのに気を使うし、重いしで疲れそうといったところですが、これからじっくり読み漁りたいと思います!

プレバン限定なので、もう直接手に入らないですが、気になった人はぜひぜひ。

そういえば、界顧録カードの方は絵本を読む少女のレアだけ手に入らずでした…

タイトルとURLをコピーしました