【TIPS】古いカセットテープにありがちなリール割れに伴うテープ外れの簡単な修理方法。【テレビまんが】【コロちゃんパック】

アニメ・漫画・書籍

生きてると懐かしのカセットテープを手にすることも多いと思うんですが(ねーよ)、再生し終わってみたらテープがリールからはずれちゃってることがたまにあるんですよね。

ヘタしたら30年以上前のカセットテープ、早送りなどすると結構ありがちなトラブルなんですが、修理する機会があったので、自分用のメモも兼ねて。

コロちゃんパックのドテラマン♠︎ドラゴンボールが外れてしまったのでこちらで解説しておきます。

開けるネジは5箇所。

カバーを外すと黒い紙が挟まってますので、優しくはずしましょう。

テープの端がこんな感じで外れちゃってました。

原因はこのリールの留め具が劣化して割れちゃってる。

新品のカセットテープを用意。
自分は100円ショップでカセットテープを買ってきてます。税込110円。

こちらの、ネジをはずして中のリールを利用します。

留具パーツを手前にスライドさせると、スルっと外れてくれます。

修理する方のテープの端をくっつけます。
元々のテープに付いているクセに合わせ、リールにテープをそわせて、留具パーツを矢印の方向に押すとカチっとハマるのがやりやすいです。

リールを元あった場所に戻し、あとは逆の手順で組み立てていけば終了です。

この時、気をつけたいのが角のテープが曲がる箇所。下画像のようにテープがピンの外側を通るように通します。(画像は他のコロちゃんパック)

カバーを戻す際は、テープをカバーに挟まないように注意。

厳密にはリールの形状が左右で異なりますが、カバーしちゃえばわからないので、まぁしょうがないです。
リールの留め具パーツだけを利用しようとするとサイズが合わないので、リールごと交換することになりますので要注意。

テープのケースも使えるのでケースのないコロちゃんパックには最適。

またいつか壊れるので、もう一つのリールも大事にとっておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました