【ビックリマン】懐かしの「悪魔VS天使ミニファイル」を自分で作る方法。シリーズに応じてページ数調整可能。自分だけのファイルが手に入るぞ!【おまけシール】【サプライ】

おまけシールビックリマン

以前から試してみたかった「自分でビックリマンミニファイルを作ってみた」をしてみたので作り方などの紹介です。

こんな感じで最近のコラボ系ビックリマン用にそれっぽいのを自宅にあるもので作る方法です。自分だけのビックリマンミニファイルが手に入るぞ!

参考にしたのは、たしか当時コロコロコミックでもらえたような記憶がある「ビックリマン 悪魔VS天使 ミニファイル」↓

紹介動画。さっと視聴したい人はどうぞ↓

必要なものはこちら

百均で売ってるシール用リフィル。セリアで購入↓

レールファイル。レールの部分を使用するので、使用したい色を用意↓

表紙用のプリント等↓

表・裏表紙用に2枚必要。表紙のプリントサイズはヨコ192mm×タテ70mmで作ってます。
(リフィルの種類によって適切な表紙サイズは変わるので、他のリフィルで作る時は調整してね)
閉じる側はレールにデザインが隠れるので10mmほど開けておきましょう。
できれば厚めの用紙が理想。あとラミネーターなど補強できる人は加工しても良いかも。
(自分はコピー用紙です…。コピー用紙の場合、後述の「表紙を入れ替え可能カスタム」もおすすめ)

※パッケージや外箱からスキャナでスキャンしてプリントするほか、そのまま外箱のパッケージを切り取る方法も一案。パッケージの再利用に。

リフィルを横一列ずつにカット↓

使用するのは3ポケットで1ページ。全〇〇種に応じてページ数を調整してください。
例)全24種なら8ページ。

リフィルの穴が空いてる方の端2箇所をホッチキスで止めます↓

表裏に表紙をおいて端の真ん中をホッチキスでとめ↓
(中央に表紙がうまくいかない場合は、粘着力の弱いテープやのりで仮止めするととめやすいです)

レールファイルのレールを表紙の高さ(70mm)にあわせてカット↓
金切ノコとかあると切りやすいです。

カットしたレールをホッチキス閉じした側に付ければ完成↓

シールを入れれば当時の気分↓

透明リフィルだと裏書きが読めて良いよね↓

ちょっと変わったファイルが欲しいなって人はぜひ作ってみはいかがでしょう。
鬼滅のマンシールなんて、親子で一緒に作ってみるのもなかなか良いんじゃない?

表紙を入れ替え可能カスタム

クリアファイルを用意。カットするのでサイズはなんでもOK。自分が使用したのはチケット用のやつ↓

高さを表紙にあわせてカット。表・裏表紙用に二つ用意します↓
このホルダーだと表紙のサイズ(ヨコ192mm)が奇跡的にぴったり収まりました。

表紙、裏表紙用のクリアファイル一番外側の一枚ずつは、いつでも開けるように、針で閉じないよう注意。ホッチキスで閉じます↓

レールを外して表紙のシートは入れ替え可能に!↓

出来上がり↓

色々やりようがあると思うので、ぜひ自分のオリジナルミニファイルを作ってみてください。
最近のコラボシリーズだとコンプリートの枚数が結構まちまちなので、こんな方法でシリーズごとにページ調整してまとめるのも良いかもです。

※著作権を侵害しないよう、個人で楽しむ範囲でお楽しみください。大事。

その他ビックリマンチョコ関連情報は「ビックリマンチョコ通販・予約発売情報」のページでも更新しているので、よければチェックしてみてください!

スポンサーリンク
シェアする
この記事を書いた人
ドテラ隊長

昭和〜平成なキャラクタートイとかゲームとかおまけシールとかの気になる情報収集中。

NerdBRAIN-ナードブレイン-